顧問弁護士のメリット

顧問弁護士は、契約をした企業の法務全般を処理するための弁護士のことをいいます。
企業を運営するには、法律に従って様々な法的な手続きが必要ですが、法律に無知な素人がそれを行うのは、法律を知ることから始めなければなりませんので、とてつもない時間と労力が必要になります。
何か間違いがあって手続きが行えずにビジネスチャンスを逃してしまったり、後から取引先との紛争が起こってしまったりなど、様々な不都合が起きてしまうことも多く、仕事の効率も下がってしまいがち。
それをサポートしてくれるのが顧問弁護士なのです。

顧問弁護士なんて、家はそんなに大きな会社ではないから必要ない。
経費が勿体ないから契約はしないなど、顧問弁護士を持たない中小企業が多いですが、契約書の作成、取引先とのトラブル、商品のリコール問題、従業員の労働問題など、このようなことはどんな企業でも起こることです。
その度に弁護士に依頼していたら、莫大な弁護士費用がかかってしまうだけではなく、良い弁護士を見つけることができず、相手の弁護士に賠償金を迫れてしまうかもしれません。

このような問題が起こった時に顧問弁護士がいたら、契約をしているのですから優先的に対応してもらうことができます。
問題が起こった時以外でも株主総会の準備、重要な取引が行われる時の契約書のチェックなどをはじめ、様々な相談に応じてくれますので、問題が起こらないように未然に防ぐことが可能になります。
このように、顧問弁護士がいたら何かとメリットがあります。
当サイトでは、顧問弁護士のメリットには他にどのようなものがあるのか説明しています。
顧問弁護士を検討中の方はどうぞ参考にしてください。